忍者ブログ
当協會を構成する成分の殆どは好奇心です。
[852]  [851]  [850]  [849]  [848]  [846]  [845]  [844]  [843]  [842]  [840
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

実況プレイ動画製作の為に機材を揃えたにもかかわらず、生放送への浮気と、
部屋で一人ゲームしながらマイクに向かって喋るという光景に対する虚しさの結果、
タグ検索0件の作品のプレイ動画ばかり作ってる、どうも私です。

まぁ、実際そういうスキマ動画の方が再生数のノビがイイんだけどね。

http://purin5963.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-6b2e.html
実況ってどうよ!?(憂鬱ブログ2010/2010年5月20日付)

現時点(5/21)のニコニコ動画における「実況プレイ動画」の検索件数は、
約53万件という事で、この中からボソボソを避けるというのはもう…無理なんじゃないかと。

実況プレイ動画が、ニコ動の動画ジャンルの中でも特に参入しやすいのが、
現在のこの状況(動画全体で1/8、ゲーム全体では1/3が実況)を生んでると思うのですが、
ここまで膨れ上がると動画のクオリティは相当マチマチといいますか、
高クオリティの動画とそうじゃない動画の差というのはかなりのもんですし、
たとえ高クオリティの動画として認められているものでも、
それがその視聴者にフィットするかはわかりませんからねぇ。

参考までに、ニコニコ動画で「御三家」と呼ばれているカテゴリの総動画数は…。

VOCALOID」=約9万2000件
アイドルマスター」=約11万件
東方」=約12万5000件

で、最近、ゲームカテゴリの動画をチェックしていたらどうも引っかかるタグがありまして…。

http://dic.nicovideo.jp/a/実況なしプレイ動画
実況なしプレイ動画(ニコニコ大百科)

最初にこのタグを見た時はちょっと目まいがしました…。
こういうタグを作らざるを得ない状況にまでなっていたのか…というね。

今回この記事を書くにあたって、ようやく大百科記事を見ようという気持ちになって、
ざっと見てみたんですけれども…感想としましては、一方的な押し付け…じゃないかな、と。

いくら大量の動画があるからといっても、結局の所「字幕プレイ動画」や「フルボイス」といった、
「プレイ動画」を下地にした応用形の一種でしかないと思うのですよ、「実況プレイ動画」は。
それがなんか、このタグからはまるで、実況プレイ動画が基本形のような雰囲気が漂っていて、
強烈な違和感を感じるわけですね。

実際、掲示板にも実況ファンからのヤバい感じの意見とかありますし…。

掲示板20レス・21レスに"御三家同様、実況も隔離すべき"という意見がありますが、
こういうタグが存在している時点でそれは無理だと思うんですよねぇ。

この「実況なしプレイ動画」というタグが存在している…ということは、
プレイ動画と実況プレイ動画の境界線が、御三家のそれと比べると遥かに曖昧で、
この状態で隔離したとしても、ゲームカテゴリに大量の実況プレイ動画が残りかねない。

それと、どうも実況プレイ動画の投稿者には、タグ付け・タグロックをしない人も結構いて、
人気の投稿者とかだと、ネタタグでタグ一覧が埋まって検索用タグの挿入ができない、
検索用タグを挿入しようとすると反発される、という話もよく聞くわけです。

既にこの「実況なしプレイ動画」タグがついた動画は400件近くあるようですが…、
そもそも、タグ付け・タグロックを徹底してやっておけばこんな事にはならなかったろうに。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
書いてる人
HN:
むじな伊藤
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1986/02/18
職業:
牛から分泌される白濁色の液体を生産・出荷する仕事。
自己紹介:
重度のテレビっ子で、録画魔で、音楽好きで、お笑いオタクで、ヌルゲーマーで、ニコ生放送主で、浪費家で、片付けられない男で、ニセ関西弁で、ひらきこもりで、ショタコンで、腐男子で、村上夏美LOVEな、ダイスケはん似の25歳。
カウンター

この日記のはてなブックマーク数
ブログ内検索
最新コメント
[04/14 むじな伊藤]
[10/01 トーリース・ガッリー]
[03/30 視聴者]
[02/21 傍観者です]
[02/13 647伊藤]
忍者ブログ [PR]
Template designed by YURI