忍者ブログ
当協會を構成する成分の殆どは好奇心です。
[1]  [2]  [3]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0003054092.shtml
みんなの党、弁護士の後藤氏擁立 参議院比例代表(神戸新聞/2010年6月4日付)

表現規制に反対している身としては本当に胸糞悪い話でございますが、
昨今の表現規制問題において規制推進派の急先鋒の一人である後藤啓二弁護士が、
先の参議院選挙にみんなの党から出馬するという話だそうで…悪夢ですね。

http://wiki.livedoor.jp/antievillaw/
児童ポルノ法改悪問題まとめサイト
PR
今年に入ってから、一連の表現規制に関する話題を全く書いておらず、
特に、1月から継続中である都条例なんかは本当に表現の危機だったにもかかわらず、
はてなブックマークでチェックするのみで、全く紹介していなかったのは痛恨の極み。

大元の児童ポルノ法改正案(自民党案)に加えて、東京都の条例の件もそうですし、
大阪府の実力行使や京都府の"日本一厳しい児童ポルノ規制"といった不穏な動き、
それ以外にも大小様々な表現規制に関する話題と、あまりにも事例が多すぎまして、
これらの詳細を書くには、あまりにも私ではスキルも知識も乏しいので、
主要な表現規制問題に関する出来事をまとめておりますWebサイト・blogを紹介しておきます。

また、私の方でもなんとかこの問題に関する記事をしっかりと紹介していければな、と。

http://otakurevolution.blog17.fc2.com/
表現規制について少しだけ考えてみる(仮)
http://samayouengei.blog.shinobi.jp/
チラシの裏(3週目)
http://ameblo.jp/hiryoyasyohyou/
クリエーター支援&思想・表現・オタク趣味の自由守護するページ
http://kitaharak.exblog.jp/
止めろ!規制社会・監視国家・ブログ版
http://onechristian1961.seesaa.net/
1人のクリスチャンのブログ
http://tourdubleuclair.blog48.fc2.com/
Tour du Bleu Clair

非実在青少年◆読本 非実在青少年◆読本
COMICリュウ編集部編

徳間書店 2010-05-31

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
http://samayouengei.blog.shinobi.jp/Entry/1277/
都庁の漫画ブチ殺し条例のパブコメの件(チラシの裏(3週目)/2009年11月26日付)
http://samayouengei.blog.shinobi.jp/Entry/1278/
パブコメの件(〃/2009年12月2日付)
http://kitaharak.exblog.jp/13124945/
東京都がネット検閲&漫画禁止条例を敷く声明を出しました。今すぐ反対コメントをお願いします!(止めろ!規制社会・監視国家blog版/2009年12月2日付)
http://gase2.blog66.fc2.com/blog-entry-238.html
【政治】「第28期東京都青少年問題協議会答申素案」に対するパブコメ(白雅雪blog/2009年12月4日付)
まず最初に、私がこの話題を知ったきっかけの記事から紹介。

http://samayouengei.blog.shinobi.jp/Entry/1277/
都庁の漫画ブチ殺し条例のパブコメの件(チラシの裏(3週目)/2009年11月26日付)

東京都は以前から、青少年なんちゃらといった条例で表現規制に踏み込もうとしたりと、
こういったきな臭い話題が絶えないのですが…まぁ、相変わらずというか。

記事でも触れられていますが、出版社やアニメ製作会社等が東京に集中しているために、
東京都だけでなく全国的に表現規制が浸透してしまう可能性があるので、
この問題に関しては、非常に注意深く関わって行かなければ行けないのですが…。

な~んか、変な事になってるみたいでね…。

http://d.hatena.ne.jp/makoPi/20091130/1259566558
同人誌販売禁止についてみんな落ち着け(まこぴとかアニメとか/2009年11月30日付)

最初に記事を読んだ時はピンとこなかったのですが、ブックマークによると、
Twitterの方でこの話題が取り上げられた際に、先走ったかなんかは知らないけれども、
同人誌販売禁止が既に決定したかのようなニュアンスで広まってしまった模様。

現段階ではまだパブコメ募集という状況なので、決定したなんて事実は無いのですが、
これまでにも不穏な行動が多かった東京都なだけに、強烈な表現規制によって、
同人誌に対しても鋭い牙が向けられる可能性も無きにしも非ずなので、皆様ご注意を。
先日、保坂先生のblogにてこの話題を聞いて記事にしようと思ったものの、
どう書いていいのか迷っていたところ、あのホリエモンがこの話題に触れていた。

http://ameblo.jp/takapon-jp/entry-10391126243.html
児童ポルノ禁止法、単純所持規制が成立するのか?(六本木で働いていた元社長のアメブロ/2009年11月18日付)

この問題に疑問を投げかける人が思いつくであろう懸念が一通り出揃っていて、
非常に読みやすい記事となっております。この問題を知らなかった人にも薦められるかも。

http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/3477ff285a653fb94e81d2f72794c285
児童ポルノ禁止法、水面下の動きが加速(保坂展人のどこどこ日記/2009年11月16日付)

この記事の後、17日・18日にも児ポ法に関する記事が投稿されており、
ここに来てはっきりと動きがあった事を、否が応でも認識させられる。

http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/9569a418e9fe92a7e2ca439d5c4688e7
議論なしで「児童ポルノ法改正」を急ぐべきではない(〃/2009年11月17日付)
http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/81c482eda98e751592d6a9d3e8985e64
児童ポルノ禁止法の議論を「水面下」から引きあげろ(〃/2009年11月18日付)

ここ最近、政治関係の話題では「外国人参政権」についての議論が活発ですが、
個人的にこの児ポ法は外国人参政権に負けず劣らずマズイ問題だと思っているので、
今後もこの話題については積極的に追っていこうと考えているのですが…精神的にくるなぁ…。
http://ameblo.jp/hiryoyasyohyou/entry-10171227583.html
ブラジル会議、閉幕 「閲覧」の違法化と、「過激な二次元創作物」を「児童ポルノ」とする宣言を採択(クリエーター支援&思想・表現・オタク趣味の自由を守護するページ/2008年11月29日付)

この宣言で「児童ポルノ法」は児童を保護する気なんか更々無いという事が、
はっきりと示されてしまったのではないでしょうか。完全に主目的は表現規制です。
http://ameblo.jp/hiryoyasyohyou/entry-10170831558.html
今国会内で児童ポルノ法改悪の観測が浮上&ブラジル会議で創作物と「閲覧」が槍玉に(クリエーター支援&思想・表現・オタク趣味の自由を守護するページ/2008年11月28日付)

正直な話、読んでいて体調が悪くなった記事は今回が初めてです。
常識的な考えからは完全に逸脱した提案をしている彼らは一体何者なのか、
彼らの最終目標は一体何なのか…もはやわからない事しかありません。

…とは言っても、この法律から目をそらすわけにもいかないし。

あと、「ディストピア」についてはこちらで。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ディストピア
ディストピア - Wikipedia
http://kitaharak.exblog.jp/10199631/
権勢力拡大につきネットも言論も表現も徹底締め上げるけど、なんか文句ある?(止めろ!規制社会・監視国家ブログ版/2008年11月25日付)
http://samayouengei.blog.shinobi.jp/Entry/1015/
規制推進派出来レースサミット(チラシの裏(3週目)/2008年11月27日付)
http://samayouengei.blog.shinobi.jp/Entry/1010/
政府が児ポやネット規制についてのパブコメだしてますよ、期間が短すぎるので注意(〃/2008年11月28日付)
http://samayouengei.blog.shinobi.jp/Entry/1016/
今国会中に児ポ法可決する可能性があるらしい(〃/2008年11月28日付)

また記事を並べすぎてしまって、ここで書くことが殆ど無くなってしまいましたが、
目を覆うぐらいの絶望的な記述が満載で、この国が民主主義である事を忘れそうになります。
ここまで国が国民の生活に対して介入していいんでしょうか…。
http://ameblo.jp/hiryoyasyohyou/entry-10154382495.html
ダガー規制が閣議決定された模様(クリエーター支援&思想・表現・オタク趣味の自由を守護するページ/2008年10月21日付)

「平和なんて一人のバカがぶっ壊す」とは真心ブラザーズの曲の歌詞ですが、
まさにそういったバカのせいで日本各地にいるナイフに関わる人全てが、
もれなく"犯罪者"のレッテルを貼られかねない状況になってしまったようで。

法律執行後6ヶ月以内に、しかるべき方法でナイフを破棄しないといけないようだけど、
果たしてこれで殺人事件をはじめとした犯罪が減るかというと…そうは思えない。

言いたかった事の殆どが上記記事で既に述べられているので、簡単に書くと、
人を殺めようと思い立った人間は、たとえダガーナイフが規制されていたとしても、
それ以外の凶器に使えるものを持ち出して犯行に及ぼうとしてしまうわけで、
こんな場当たりな規制で効果が上がるとはさすがに考えられない。

問題が起きたものを規制すれば丸く収まる…なんていう短絡的な考えで、
メリット皆無・デメリット甚大な規制法案を次々に発案するというのは、
とてもじゃないけど正気の沙汰とは思えないわけで…一体この国はどうなっているのか。

今年3月から議論されている児童ポルノ法改正案も非常に危険なポジションにいるわけで、
このダガー規制が他人事とは思えない今日この頃でございます。

http://kitaharak.exblog.jp/9121939/
毎日新聞英語版の変態的捏造ニュースについて(止めろ!規制社会・監視国家ブログ版/2008年6月27日付)


日本の新聞社が起こした不祥事では、おそらくこの出来事が最大規模のモノになるでしょうし、
これを超える様な出来事はほぼ出てこないと言ってもいいんじゃないでしょうか。

話題が話題なだけに、NINJA BLOGで取り上げて大丈夫かなと思ったんで、
まとめwikiの方をご紹介させていただきます。

http://www8.atwiki.jp/mainichi-matome/
毎日新聞問題の情報集積wiki

 

書いてる人
HN:
むじな伊藤
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1986/02/18
職業:
牛から分泌される白濁色の液体を生産・出荷する仕事。
自己紹介:
重度のテレビっ子で、録画魔で、音楽好きで、お笑いオタクで、ヌルゲーマーで、ニコ生放送主で、浪費家で、片付けられない男で、ニセ関西弁で、ひらきこもりで、ショタコンで、腐男子で、村上夏美LOVEな、ダイスケはん似の25歳。
カウンター

この日記のはてなブックマーク数
ブログ内検索
最新コメント
[04/14 むじな伊藤]
[10/01 トーリース・ガッリー]
[03/30 視聴者]
[02/21 傍観者です]
[02/13 647伊藤]
忍者ブログ [PR]
Template designed by YURI