忍者ブログ
当協會を構成する成分の殆どは好奇心です。
[858]  [857]  [856]  [855]  [854]  [852]  [851]  [850]  [849]  [848]  [846
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

時間的に、今のうちに書いておかないとタイミングが無いかもしれないので。

http://www.mbs.jp/ma/
第8回MBS新世代漫才アワード(毎日放送公式)

毎日放送主催の漫才コンクールが今年も始まりまして、参加組数が210組ですって。
札幌吉本からは過去最大の4組が出場するとの事ですが…どうなんですかねぇ。

基本的に大阪勢がはっきりと有利な大会で、東京勢すらかなり苦戦するわけですから、
それ以外の地方勢がどこまで行けるかね…どうなんでしょう、そこんところ。

札幌吉本からの出場は加我正源カウントダウン市原わびさびの4組。
1次予選は参加210組から40組が勝ち抜けという事ですが…まぁ、正直不安ですね。

市原は得意の漫才で勝負できる分、他の3組よりは全うに戦ってるとは思いますが、
大阪にはこのクラスの漫才師はゴロゴロいるだろうしなぁ…どうなんだろうか。

加我正源は、男女コンビならではのネタが出来たかどうかが気になる。
よく大阪のお笑いライブのレポートとかを見ると、男女コンビの利点を全然生かしてない、
別に男女コンビでやらなくてもいいようなネタをやるコンビが多いみたいですからね。

わびさびは、この4組の中では一番キャラクターが強いコンビではあるものの、
事務所のバトルライブでは、前コンビでもあった成績の不安定さがぶり返していたり、
キャラクターが強いと書きましたが、それは札幌吉本の芸人さんと比べた場合であり、
大阪であのキャラクターは、正直言うと埋もれてしまうのではないかと、かなり心配。

カウントダウンは…まぁ、端的に言うと"オタク芸人"というくくりにはなるんですが、
コンビ間でのポジションの関係で、漫才ではオタクキャラが出にくいのがねぇ…。
それと、事務所のバトルライブで3ヶ月連続最下位というのも不安に拍車が。

結果発表は来週との事。どうなることやら。

http://cc-takuya.laff.jp/blog/2010/07/post-b45f.html
7月はいろいろあるぞ!!の話(加我正源たくや「セブンスターひとつ下さい。」/2010年7月10日付)
http://zacky.laff.jp/blog/2010/07/post-6adb.html
大阪!(札幌よしもと わびさび ザッキーの「雑記ー」/2010年7月11日付)
http://sasaki.laff.jp/blog/2010/07/post-df3d.html
ひとりぼっち大阪(佐々木祐一の「プリキュア!~フルスロットル~」/2010年7月11日付)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
書いてる人
HN:
むじな伊藤
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1986/02/18
職業:
牛から分泌される白濁色の液体を生産・出荷する仕事。
自己紹介:
重度のテレビっ子で、録画魔で、音楽好きで、お笑いオタクで、ヌルゲーマーで、ニコ生放送主で、浪費家で、片付けられない男で、ニセ関西弁で、ひらきこもりで、ショタコンで、腐男子で、村上夏美LOVEな、ダイスケはん似の25歳。
カウンター

この日記のはてなブックマーク数
ブログ内検索
最新コメント
[04/14 むじな伊藤]
[10/01 トーリース・ガッリー]
[03/30 視聴者]
[02/21 傍観者です]
[02/13 647伊藤]
忍者ブログ [PR]
Template designed by YURI