忍者ブログ
当協會を構成する成分の殆どは好奇心です。
[303]  [295]  [294]  [267]  [266]  [265]  [264]  [263]  [262]  [261]  [260
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

フジテレビ721「ゲームセンターCX」11月7日放送(#56/初回)

CSで有野課長が頑張ってる裏で、地上波ではグッチョンが頑張ってました。
まぁ、そんな事はどうでも良くて、第8シーズンが本格的に始動しました。

一発目からいきなり洋ゲーを持ってくるというのはなかなか挑戦的、
スーパーファミコンの隠れた良作(らしい)「フラッシュバック」でした。
Wikipediaの項目は無いようなので、blog記事をご紹介しておきます。
尺の関係で、触れられてなかった部分のストーリーも載っておりました。
…もしかしたら、この放送後にココのアクセス数増えるかもね、
ググってかなり上の方に出てきましたし、内容もしっかりしてるし…。

http://mii5.at.webry.info/200704/article_6.html
フラッシュバック(SFC)(レトロゲームが好き、とミーコは言った。/2007年4月13日付)
http://mii5.at.webry.info/200704/article_8.html
フラッシュバック その2(〃/2007年4月18日付)

ここ最近は、アクションゲームでもワリと落ち着いた動きのタイプが多かったからか、
シビアな難易度の今回は、久しぶりに有野課長の一挙手一投足に興奮したというか。

最後の「THE END」のフォントが、以前(#48)挑戦した「アウターワールド」と同じ…、
上の記事をググった際に見つけた別ページで、同じテイストの作品と紹介してあったので、
"そういう事か…"と、妙に納得。意外と繋がってるんですねぇ…洋ゲーって。
ちなみに、「アウターワールド」は91年、「フラッシュバック」は93年ということで、
同じポリゴンでも、こちらの方がバリバリ滑らかに動いておりました…スゲェ。

「帰ってきたもしもし大作戦」では、「チャンピオンシップロードランナー」に挑戦。
あの1面を見るだけで、もうこのソフトが只者じゃ無い事がよく分かります、
前作をやり込んでいる有野課長があのペースですから…私には無理だ。

突然、何の予告も無く始まった「ゼビウス観察日記」…アレは一体…。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
書いてる人
HN:
むじな伊藤
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1986/02/18
職業:
牛から分泌される白濁色の液体を生産・出荷する仕事。
自己紹介:
重度のテレビっ子で、録画魔で、音楽好きで、お笑いオタクで、ヌルゲーマーで、ニコ生放送主で、浪費家で、片付けられない男で、ニセ関西弁で、ひらきこもりで、ショタコンで、腐男子で、村上夏美LOVEな、ダイスケはん似の25歳。
カウンター

この日記のはてなブックマーク数
ブログ内検索
最新コメント
[04/14 むじな伊藤]
[10/01 トーリース・ガッリー]
[03/30 視聴者]
[02/21 傍観者です]
[02/13 647伊藤]
忍者ブログ [PR]
Template designed by YURI