忍者ブログ
当協會を構成する成分の殆どは好奇心です。
[78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [67
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

sekai.jpg2日連続でお絵かきロジックの話題ですが…、
今回のソフトは本職のゲームメーカーではなくて、
ゲームが本業ではない外部参入の企業の作品。
パズル雑誌をはじめとする多数の雑誌を出版している、
世界文化社の「お絵かきロジック」でございます。

このソフト、任天堂が行ったSFC書き換えサービス、
NINTENDO POWER」でのみの販売ということで、
サービスが終了した現在ではかなり入手困難です。
このサービスでは旧作の「マリオのスーパーピクロス」やGB書き換えを含めると、
実に16タイトル(SFC:11、GB:5)ものロジック関連のソフトが出ているわけで、
ファンにとってはかなり嬉しい…かもしれませんが、その分、料金が半端じゃない。
16タイトルのうち10タイトルがSFCの新作ソフトなので、書き換え料金だけでも、
20,000円を超えるという恐ろしさ。しかも書き換えには専用のソフトが必要、
そのソフトも1本4000円近くするので…あぁ、考えただけでも恐ろしい。
旧作は実物が中古で安く手に入るので除外したとしても、新作13タイトルと、
全てを収める為のソフトの金額を考えると、さすがに手は出しにくくなるわけで、
インターネットを始めて7年経ちますが、このソフトの思い出を語れる人には、
未だに出会えてません。誰か書き換えてる人っていませんでしょうかねぇ…。

で、内容はというと、モノクロ問題が150問。これで税込2,100円。
既にPSでは税込1,575円で500問収録してるソフトが出始めていた時期なので、
ちょっと割高感はあるのですが、ゲーム寄りのお手つき・ヒントありのモードと、
雑誌に近いお手つきなしのモードの2つが用意されてるので、まぁ、妥当かと。

それにしても、ゲームメーカーが雑誌に近いタイプのロジックを出す中で、
出版社がゲーム寄りの内容にしてくるのが…なんか考えさせられますねぇ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
書いてる人
HN:
むじな伊藤
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1986/02/18
職業:
牛から分泌される白濁色の液体を生産・出荷する仕事。
自己紹介:
重度のテレビっ子で、録画魔で、音楽好きで、お笑いオタクで、ヌルゲーマーで、ニコ生放送主で、浪費家で、片付けられない男で、ニセ関西弁で、ひらきこもりで、ショタコンで、腐男子で、村上夏美LOVEな、ダイスケはん似の25歳。
カウンター

この日記のはてなブックマーク数
ブログ内検索
最新コメント
[04/14 むじな伊藤]
[10/01 トーリース・ガッリー]
[03/30 視聴者]
[02/21 傍観者です]
[02/13 647伊藤]
忍者ブログ [PR]
Template designed by YURI