忍者ブログ
当協會を構成する成分の殆どは好奇心です。
[612]  [611]  [610]  [609]  [608]  [607]  [606]  [605]  [604]  [603]  [602
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

HBC/TBS「キングオブコント2008」10月5日放送

ちょうどこの時間帯は仕事があるので、録画したのを見ようとしてたんですが、
その前に飛んできたトラックバックの見出しで先に優勝者知っちゃったわけで。
ただ、そのネタバレを知ってもたいして驚かなかったんですけどね。
"あぁ、やっぱりね"って感じで。

で、放送を全部見ての第一印象としましては…フツーの特番って感じですかね。
祭り的な雰囲気のある「R-1ぐらんぷり」よりも更にそういう雰囲気が強くなって、
バラエティ臭がかなり強く発せられていた感じがしますね。
ダウンタウンの司会っぷりも、他の番組の時とそれほど変わった印象も無く、
"賞金1000万円を賭けた大会の決勝"という雰囲気は薄かったと思います。

で、ネタの感想。


Aリーグ

TKO「合コン」 368点
何と言うか…フツーのコントだったような気がしますが。
たとえ設定がベタでも展開とかキャラクターとかでいくらでも出来ると思うんですが、
それもそのままありきたりな方向に行ってしまって、なんだか地味な印象に。

バッファロー吾郎「闇の帝王」 460点
バッファローのイメージって、"マニアックなネタやる人達"ってのがあったんですが、
このネタを見て随分とイメージ変わったかな…と、何でも出来そうな感じがするというか。
固有名詞は「市毛良枝」をはじめとした女優さんの名前ぐらいで、
それ以外の設定とかストーリー展開の部分では具体的な名称を避けて、
なんとなく漫画でありそうなイメージで作ってたのは、ゴールデン対策なんでしょうか。
さすがにここ数年で東京の番組にも出て、それなりに知名度上げてるものの、
まだまだバッファローの事を知らない人も多いわけですから。

THE GEESE「卒業式のフォーメーション」 400点
やっぱりこのネタがイチオシという事でしょうか、
相変わらず無意味に熱くて良かったんじゃないかと。
それにしても…ネタ前のあの煽りは危険じゃないのだろうか。

天竺鼠「結婚式」 388点
瀬下は完全にサポートに徹してましたね…川原のやりたいようにやってる感じがしました。
まぁ、川原のボケってかなり理不尽ですから、ツッコむ方が難しいのかもしれませんが…。

Bリーグ

チョコレートプラネット「古代ローマの合コン」 415点
まぁ、そりゃ、こういう大舞台には一番得意な設定持ってきますよね。
「合わない刑事」はさすがに尺が持たなそうだし、それ以外のコント持ってきても、
個性が出づらい状態になりそうだったので、古代ローマネタが無難なのかな、と。
TKOのネタと題材は被ってるんですけど、設定がかなり奇抜になってますから、
題材の転がし方がベタでも全然ベタに見えないのがプラスになったのかも。
ただ、最後の最後で雑に終わるのは、コントだと目立っちゃうような。

ロバート「トゥトゥトゥサークル」 473点
多分、くだらなさはこの日一番だったと思います。
とにかくロバートのコントって、設定の時点から変な場合が多々あるんで、
こういう場所でそれを出してきたっつーのも含めて、さすがだったな、と。

バナナマン「朝礼」 482点
いやぁ…マジですね。マジで獲りに行ってるチョイスですね。
最初に舞台が明るくなった時点で、何かしでかすだろうなという雰囲気が、
ガンガンに出てたのが芸暦15年の妙でしょうか…アレは凄かったです。
最後、設楽が倒れた後に日村がズボン上げようとするくだりは、
今回初めて見たんですが、アレもまた可笑しいんですよねぇ…。

2700「お笑いライブでの強烈で熱狂的なファン」 327点
ブルースブラザースみたいな方のあのキャラクターは…かなり好きですね。
なんでしょうかねぇ、あのぬるっとした感じは…河本が食いつくのも分かるかも。
ただ、ファンの女の方がなんかありがちなテイストというか、
コントのタイトル言った時のクセの強さが本編に出てこなかったのが気になる…。

最終決戦

バッファロー吾郎「アンドロイド・トニー」 5票
よくもまぁ、あんな普遍的な単語だけで壮大な設定のコントが出来ますねぇ…。
アレだけ終始迫真の演技で通したからか、オチのあっけなさがグッと来ました。

バナナマン「食事の誘い」 2票
見せ方が全然違うので、気づかない可能性もあるんですが、
このネタも先程のネタと同じで、設楽が主導権握ってるんですよね。
日村がアレだけテンション高くやってるから分かりづらいけれども。
バナナマンに対する世間のイメージって、こっちの方が近いかも…。

冒頭でも触れましたが、事前の不安とは裏腹に、妙にフツーな感じの番組でしたね。
アレだけ審査方法に不安を感じたりとかしてたのは何だったんだろうかと思うぐらい、
無難というか、つかみどころが無いというか…まぁ、とにかくフツーな感じ。

審査のアレとかは、今後あの場所にいた芸人さんのblogとかで出てきそうなので、
それを待たないと何とも言えないかもしれませんねぇ…。

http://news.www.infoseek.co.jp/topics/entertainment/
n_comedy__20081006_5/story/06sankei120081006003/

マジ泣き!初代コント王にバッファロー吾郎(サンケイスポーツ/2008年10月6日付)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[C-1][テレビ][漫才] 一夜明けての「キングオブコント」の反応
“コント日本一”バッファロー吾郎、大晦日視聴率戦争への参戦を表明 ニュース-ORICON STYLE- やっぱりこうやって見ると、竹若の方が先を見れて、木村は見れていないというのが分かる。ただ先を見れていないからこそ、木村の方がカリスマ然としているのも確かだし、いまのバ
URL 2008/10/15(Wed)17:08:56
書いてる人
HN:
むじな伊藤
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1986/02/18
職業:
牛から分泌される白濁色の液体を生産・出荷する仕事。
自己紹介:
重度のテレビっ子で、録画魔で、音楽好きで、お笑いオタクで、ヌルゲーマーで、ニコ生放送主で、浪費家で、片付けられない男で、ニセ関西弁で、ひらきこもりで、ショタコンで、腐男子で、村上夏美LOVEな、ダイスケはん似の25歳。
カウンター

この日記のはてなブックマーク数
ブログ内検索
最新コメント
[04/14 むじな伊藤]
[10/01 トーリース・ガッリー]
[03/30 視聴者]
[02/21 傍観者です]
[02/13 647伊藤]
忍者ブログ [PR]
Template designed by YURI