忍者ブログ
当協會を構成する成分の殆どは好奇心です。
[561]  [560]  [559]  [558]  [557]  [556]  [555]  [553]  [554]  [552]  [550
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

北海道テレビ(HTB)「HTB開局40周年全部たしたら10時間 ユメミル広場に大集合!(第1部)」8月29日放送
29日深夜から30日にかけて、3部構成・合計10時間生放送された40周年特番。
第1部は、開局から現在までにHTBが製作した番組を振り返りながら、
HTB社屋を案内するという、随分とゆる~いテイストの内容。

深夜帯という事で、2部3部ではまず流れないであろうキワドイ部分も堂々と放送、
女性のトップレス映像もかなりの短時間ではあるものの思いっきり画面に映っていたし、
80年代の伝説的番組として紹介された「派手~ずナイト」の過激っぷりにただただ驚愕。
一般女性が、履いているパンツを10秒カメラに晒せば海外旅行プレゼント企画や、
MCの高田純次がラブホテルの個室にアポ無しで電話し、ヤッたかどうか聞くという、
当時としても相当な苦情が届いたという企画の数々…大変な時代だったんですねぇ…。

…と思いきや、このノリは90年代まで続いたらしく、「モザイクな夜」でもエロ企画を連発、
更には交番にアポ無しでコサックダンスしながら入ってこっ酷く叱られたり、
強盗の格好で銀行の前を走り去る企画を行い、近隣住民に通報される
などの、
別の意味で危険極まりない企画まで見境無く行なうというカオスな状態に。

こういうトンデモな歴史を綴りながら、96年スタートの「水曜どうでしょう」によって、
幅広い層に受け入れられるけど、よく見てみると過激な番組に行き着いたのか…とね。

現在もHTBの深夜帯は北海道において絶大な支持を得ているわけですが、
そりゃこんな無茶苦茶な遍歴辿ってたら自然と強くなるわな…。

番組後半では、放送当日まで"出演者にだけ"伏せられていた、
翌日朝7時30分から、40周年記念イベントを開催する札幌ドームにて、
大泉がスープカレーを、会場にやってきたお客さん400名に振舞うという企画が発表。
オクラホマ河野から事前に企画をほのめかす発言を聞いていたにもかかわらず、
発表されるまで全く気づかないという、相変わらずの騙され役者っぷりも見事ですが、
直後に発表された早朝生中継に対する芸人顔負けのリアクションもまたお見事。

…っつー事で、視聴者からのケータイ投票でスープカレーの辛さを決めた後、
林亮一取締役に強引にスタジオから連れ出され、札幌ドームに連行されて番組は終了。

この後は、早朝生中継をはさんで第2部ですが、その続きはまた今度。

放送日時:2008年8月29日23時15分~25時20分
メインMC:TEAM-NACS(森崎博之、安田顕、戸次重幸、大泉洋、音尾琢真)
出演:鈴井貴之、やまだひさし、ヒロ福地、北川久仁子(HTB)、小野優子(HTB)、佐藤麻美(HTB)、オクラホマ
VTR出演:高田純次、泉谷しげる、井筒和幸

<大泉生料理・拉致(1)>

<大泉生料理・拉致(2)>


本日のスープカレー 本日のスープカレー


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
書いてる人
HN:
むじな伊藤
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1986/02/18
職業:
牛から分泌される白濁色の液体を生産・出荷する仕事。
自己紹介:
重度のテレビっ子で、録画魔で、音楽好きで、お笑いオタクで、ヌルゲーマーで、ニコ生放送主で、浪費家で、片付けられない男で、ニセ関西弁で、ひらきこもりで、ショタコンで、腐男子で、村上夏美LOVEな、ダイスケはん似の25歳。
カウンター

この日記のはてなブックマーク数
ブログ内検索
最新コメント
[04/14 むじな伊藤]
[10/01 トーリース・ガッリー]
[03/30 視聴者]
[02/21 傍観者です]
[02/13 647伊藤]
忍者ブログ [PR]
Template designed by YURI