忍者ブログ
当協會を構成する成分の殆どは好奇心です。
[750]  [749]  [748]  [747]  [746]  [745]  [744]  [743]  [740]  [739]  [738
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

DSC00153.JPG








日に日にホテルに戻ってくる時間が遅くなってるぜ…。


前日はとお笑いライブを2本も見に行ったせいで疲労困憊で、
風呂のお湯出したまま寝落ちしてお湯入れ過ぎて外に流れてるわ、
お湯張った後に寝落ちして、気づいたら既に深夜3時で、
ちょっとでも入ったらお湯が溢れて外に流れてうるさいわで、
結局、風呂入らずにダラダラ過ごして早朝4時30分頃にようやくちゃんと就寝。

6時50分頃起床、TVhおはスタ」を見たり、
昨日のライブの感想の下書きをした後、11時半頃にようやく外出。

今回は2日目の朝しかホテルの朝食を取ってなかったので、
狸小路3丁目の「SUBWAY」で、フツーの人よりも遥かに遅い朝食。
DSC00140.JPG DSC00141.JPG
サブウェイクラブ(490円)ドリンク(180円)、ものすごい具の量でパンが直角に…。

12時頃、狸小路3丁目のタイトーステーションに立ち寄る。
ちょっとやっていこうという気持ちで入ったものの、
結局向かいにあるJOGOと合わせて3時間・1400円も使ってしまう…。
いや、e-AMUSEMENT PASS作っちゃったもんでね…それでだいぶ…。

15時頃、BOOK OFFで漫画本をかなり大量(20冊)程度買い、
前日軽く見て回ったらしんばんに再び行く…といっても、
結局1000円程度の安めのフィギュア数点買っただけで終わる。
いくら旅先で財布の紐が緩いといっても、フィギュアは高い…。

既にこの時点で外は雨が本格的に降り始めていたため、
昼食は札幌地下街オーロラタウンにある銀座ライオンにて。
DSC00148.JPG







さすがにこれ以上濡れるのはアレなので、地下鉄でホテルまで戻る。

18時過ぎ頃にBLOCHに向けて出発。依然として雨は降り続けているため、
ホテル前の地下鉄からサッポロファクトリーに程近い駅まで行くも、
駅の出口からサッポロファクトリーまで200mもあった為、結局濡れる。
18時40分頃、何とかBLOCHに到着、既にかなりの客入りだったので、
座席が最上段の一番端っこに…。

「1986」観覧レポートはこちら。(現在執筆中)

ライブ観覧後、前日と同じ「ディッパーダン」で夕食的な何か。
天候のせいか、ライブ出演者がファクトリー経由で家路に着く所を目撃。
(加我正源・亜弓さん、インディゴブロッコリーのお二人、カウントダウン・佐々木さん)

その後、タクシー乗り場を探して館内をウロウロ。
トイザらス前ベンチにて誰かと連絡を取っているカウントダウン・佐々木さんを横目に、
タクシー乗り場を確認して向かうも、館内の通路は全部塞がっていたために、
雨がザーザー降りのところを全力疾走で駆け抜けて何とかレンガ館に。
22時頃、やけにスピードを出すタクシーでホテルまで戻る。

TVh「やりすぎコージー」をちょこっとだけ見た後、コンビニに行くために外出。
ちょっとゲームセンターに立ち寄った後、コンビニで買い物、帰ってくると23時。
1日ごとに戻ってくる時間がどんどん遅くなっとる…。どうなんだろうか、これは。

きらりん・レボリューション 特別編 1 (てんとう虫コミックススペシャル) きらりん・レボリューション 特別編 1 (てんとう虫コミックススペシャル)

小学館 2007-01-13
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
書いてる人
HN:
むじな伊藤
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1986/02/18
職業:
牛から分泌される白濁色の液体を生産・出荷する仕事。
自己紹介:
重度のテレビっ子で、録画魔で、音楽好きで、お笑いオタクで、ヌルゲーマーで、ニコ生放送主で、浪費家で、片付けられない男で、ニセ関西弁で、ひらきこもりで、ショタコンで、腐男子で、村上夏美LOVEな、ダイスケはん似の25歳。
カウンター

この日記のはてなブックマーク数
ブログ内検索
最新コメント
[04/14 むじな伊藤]
[10/01 トーリース・ガッリー]
[03/30 視聴者]
[02/21 傍観者です]
[02/13 647伊藤]
忍者ブログ [PR]
Template designed by YURI