忍者ブログ
当協會を構成する成分の殆どは好奇心です。
[182]  [181]  [180]  [179]  [178]  [177]  [176]  [175]  [174]  [173]  [172
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1021043.html
“生活保護受給者の自家用車所有、認めるべき” 住民グループが熊本市に申し入れ(痛いニュース(ノ∀`)/2007年8月22日付)
http://d.hatena.ne.jp/toronei/20070822/F
“生活保護受給者の自家用車所有、認めるべき” 住民グループが熊本市に申し入れ:痛いニュース(ノ∀`)(昨日の風はどんなのだっけ?/2007年8月22日付)
http://www.misao.gr.jp/~koshian/?20070822S1
「田舎じゃ車が必需品」はどれだけ本当なのか(狐の王国/2007年8月22日付)

根室の片田舎で酪農家見習いやってる私から言わせてもらうと、
田舎で車の無い生活なんてとてもじゃないけど、考えられないですよ、ホントに。

今回に関しては、痛いニュースに載ってるコメントには全く賛同できないですね。
生活保護から脱する手段としての車所有についての事を言ってるのだと思うんですけど、
それを認めないという事は、"一生生活保護でいろ"って言うのと同じじゃないですかね。
日テレの「NNNドキュメント」で、生活保護に関する特集を見た事があるんですけど、
アレはきつかったですねぇ…本当に"生かされてる"っていう感じの生活水準しかなくて…。
アレを見た後だと、生活保護をたいそうなシロモノだと思ってる人の存在が信じられないですね…。

記事コメント465番に、最初の2行で書いたような事に対して、
"昔はどーやって生活してたワケ?"なんつーのがありますが、
昔は結構な田舎の方でもしっかりと電車とかが走ってたわけですよ。
それが…おそらく国鉄からJRに変わった後とかでしょうか、
車が普及するのに反比例して田舎の方の路線がどんどん削減されていって、
現在の"車が無きゃ生活できない"という状況を生んだのではないでしょうかね。
私の住んでる地域一帯でも、20年ぐらい前に殆どが廃止されましたし。
正直言って、このコメントは野暮だと思いますね…今の話してんだから。

「はてなブックマーク」で、痛いニュースの記事に対する反論が凄いことになっております。
かなりの方々が言ってますけども、都会の論理で語れる話題じゃないですよね、コレは。
"だったら一回住んでみろよ"って言いたくなりましたね。ホントに大変ですよ。


ちなみにウチは、

最寄のコンビニまで2km、

最寄のデパートまで20km、

最寄の空港まで30km、

最寄の駅まで70kmあります。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
書いてる人
HN:
むじな伊藤
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1986/02/18
職業:
牛から分泌される白濁色の液体を生産・出荷する仕事。
自己紹介:
重度のテレビっ子で、録画魔で、音楽好きで、お笑いオタクで、ヌルゲーマーで、ニコ生放送主で、浪費家で、片付けられない男で、ニセ関西弁で、ひらきこもりで、ショタコンで、腐男子で、村上夏美LOVEな、ダイスケはん似の25歳。
カウンター

この日記のはてなブックマーク数
ブログ内検索
最新コメント
[04/14 むじな伊藤]
[10/01 トーリース・ガッリー]
[03/30 視聴者]
[02/21 傍観者です]
[02/13 647伊藤]
忍者ブログ [PR]
Template designed by YURI