忍者ブログ
当協會を構成する成分の殆どは好奇心です。
[153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146]  [145]  [144]  [143
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日の風はどんなのだっけ?」からの情報。

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1007523.html
たった1年で一変したゲーム産業…重厚ゲームから、手軽な実用ゲームやパーティーゲームばかりに(痛いニュース(ノ∀`)/2007年7月23日付)

記事中にも何度か出てますけど、コアユーザーばかりに気を取られて、
結果的に初心者が寄り付かなくなって衰退したゲームがあるのは事実。
対戦格闘ゲームの一時期の、必殺技を出す手順の異常な難しさとか、
シューティングが"敵を撃つ"モノから"弾を避ける"モノに主流が移ったりとか。
弾を避けるシューティングゲームは、「弾幕系」ってよく呼ばれてるんですが、
アレの画面写真を見てプレイしてみようと思う一般の人は少ないと思いますし。

実用・パーティーゲームを快く思ってない人がいるのはわかってます、
ここで止まって最終的に離れていくユーザー層もそりゃあいるでしょうし。
ただ、ここからゲームの世界へと引き込もうと模索してるメーカーも当然あって、
主催の任天堂は、「脳トレ→どうぶつの森→テトリスDS→Newスーパーマリオ」と、
徐々に慣れてもらおうという道筋を立ててた…とか言うのを聞いたことありますし。

記事中のレスで見ていくと、77番や334番はまさにその通りだし、
396番は…初期の頃のファミコンなんかはそんな感じでやってたんだと思う。
無茶苦茶なクソゲーもあったけど、後世に残る名作ももちろん出てましたし。

994番はなんとも皮肉っぽいですねぇ…、
まぁ、実際にアレは他の2機種が丸々買えるぐらいの値段ですし…。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
書いてる人
HN:
むじな伊藤
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1986/02/18
職業:
牛から分泌される白濁色の液体を生産・出荷する仕事。
自己紹介:
重度のテレビっ子で、録画魔で、音楽好きで、お笑いオタクで、ヌルゲーマーで、ニコ生放送主で、浪費家で、片付けられない男で、ニセ関西弁で、ひらきこもりで、ショタコンで、腐男子で、村上夏美LOVEな、ダイスケはん似の25歳。
カウンター

この日記のはてなブックマーク数
ブログ内検索
最新コメント
[04/14 むじな伊藤]
[10/01 トーリース・ガッリー]
[03/30 視聴者]
[02/21 傍観者です]
[02/13 647伊藤]
忍者ブログ [PR]
Template designed by YURI